希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.09.27

アレルギー性鼻炎を根本的に改善する免疫療法とは? 〜治療方法や治療期間、料金など知っておきたいこと〜

現在、アレルギー性鼻炎を完治させる手段はほとんどないといわれています。その中で、“アレルゲン免疫療法(減感作療法)”は症状を抑えつつ、将来的にアレルギー反応そのものを抑えてくれる治療法とされます。

アレルゲン免疫療法とは、どのような治療法なのでしょうか。ここでは、治療期間や費用負担はどの程度なのか、副作用があるのかなどについても解説します。

アレルゲン免疫療法は年単位での治療が必要だが効果も期待できる

アレルゲン免疫療法は、効果が出るまでに数年かかりますが、効果が高いとされ、完治も期待できる唯一の治療法といわれています。現在、アレルギー性鼻炎の治療の主流は、不快な症状を抑える薬物療法(対症療法)が中心です。これに対し、アレルギーを起こす体質そのものを改善していく治療法がアレルゲン免疫療法です。

アレルゲン免疫療法は、対症療法では症状が抑えられない人や症状が強い人などに検討されますが、まずアレルギー検査をしてこの治療を受けられるどうか確認する必要があります。

アレルゲンを体に慣れさせる2種類のアレルゲン免疫療法

アレルゲン免疫療法には、アレルゲンの注射による“皮下免疫療法”と、アレルゲンのエキスを服用する“舌下免疫療法”の2種類があり、どちらもアレルゲンを少量ずつ体に入れて慣らしていくことで、アレルゲンに触れた際に現れるアレルギー性鼻炎などの不快な症状の軽減を目指すものです。

皮下免疫療法

皮下免疫療法は、月1回~数回通院してアレルゲンの皮下注射をしなければなりませんが、ダニアレルギーなど1年を通じてアレルギー症状がある人に有効とされます。

舌下免疫療法

一方、舌下免疫療法は、アレルゲンエキスの含まれた薬剤を舌下に置き、溶かしてから飲み込みます。毎日1回薬剤を服用する必要はありますが、通院は皮下免疫療法よりも少なく、注射の痛みもありません。

どちらも保険適用があるため、1回の治療で数千円程度と費用負担はそれほど大きくありません(3割負担)。ただし、効果が出るまで長期間にわたって費用を負担する必要があります。

アレルゲン免疫療法の安全性

アレルゲン免疫療法の安全性に関しては、皮下免疫療法で0.1~0.2%に“アナフィラキシー”(全身が急激なショック状態に陥り呼吸困難や血液低下などの症状が現れる)という副作用が起こる可能性があると報告されています。

舌下免疫療法では、アナフィラキシーのリスクは低いですが、口の中のかゆみや腫れなどの副作用がみられる場合があるといわれます。

アレルゲン免疫療法を実施中もアレルゲン除去は必要

アレルゲン免疫療法を行っている間も、効果を確実に得るために治療前と同じように引き続きアレルゲンの除去は必要です。ダニや花粉、ペットなど自分のアレルゲンを除去・回避し、心身を健康に保つ生活を送るように心がけましょう。

治療を続けていくうちに、少しずつ症状を抑える薬剤の量が減ったり、アレルゲンに触れても症状が軽くなったりすることが期待できます。

アレルゲン免疫療法を数年にわたり行った場合、治療終了後も効果が長期間持続することが分かっています。

アレルゲン免疫療法は必ず専門知識のある医師の指導のもとで実施

アレルゲン免疫療法は、アレルギーに関する豊富な知識があり、診断が正確にでき、患者さんに適切な指導ができる医師の指導の下で実施しないと、十分な効果が得られない可能性があります。

また治療の期間も長く、定期的に通院をする必要があることから、信頼できる医療機関を受診することをおすすめします。
eHealth clinicではアレルギー性鼻炎の診療を行っています。治療に際してご不安やお困り事などあればぜひご相談ください。