希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.06.08
#性感染症 #対象疾患

性器カンジダ症

性器カンジダ症とは

性器カンジダ症とは、カンジダ(カビ)によって起こる性感染症のことです。発症する場所によって、腟カンジダ症や陰茎カンジダ症などと呼ばれます。

カンジダは、口の中や消化管、腟などに常に存在しており、通常は体に害はありません。しかし、何らかの原因で菌が過剰に増殖すると性器カンジダ症を発症するとされています。この原因には、下着によるムレ、妊娠や病気などによる免疫力低下、過度な疲れやストレス、生活習慣の乱れなどが挙げられています。

性器カンジダ症の症状

性器カンジダ症の症状は、性別によって以下のような特徴があります。

女性の場合

  • 陰部の強いかゆみ
  • 白いヨーグルト状のおりもの
  • 炎症(痛みや熱感)
  • 性交時の痛み など

男性の場合

  • かゆみ
  • ペニスの先端の赤みや水疱(すいほう など

ただし、男性は無症状の場合もあります。

受診の目安

カンジダに感染してもすぐに性器カンジダ症を発症するわけではなく、抵抗力が落ちたときや妊娠中に発症したり再発したりしやすいといわれています。カンジダの保有率は妊婦さんの場合は30%程度、妊婦さん以外の人で15%程度とされており、菌を保有しているだけであれば治療の必要がないことが一般的です。

ただし、性行為によってパートナーに感染させることもあるため、気になる症状がある場合は泌尿器科などの受診を検討するとよいでしょう。また、妊婦さんが感染していると、洋水内感染や産道感染によって新生児が鵞口瘡(がこうそう)(口の中に白いミルクのようなもの“白苔”が付いている状態)になることもあるため、必要に応じて予防的な治療が行われることもあります。かゆみやおりものの増加といった気になる症状がある場合は担当医に相談するとよいでしょう。

性器カンジダ症の治療のポイント

薬の処方

性器カンジダ症の治療では、抗真菌薬の腟剤(腟内に挿入する薬)や塗り薬を使うことが一般的です。また、自己判断でステロイドの塗り薬を使っている場合は中止する必要があります。特に男性の場合は、ステロイド薬が症状の誘因になっている可能性があるため注意が必要です。性器カンジダ症では、通常かゆみやおりものの異常といった症状が消えた時点で治癒したと判断されます。

また、カンジダは身近に存在するため、再発することも少なくありません。再発を繰り返す場合は、治療薬の変更、経口薬による治療などが行われることがあるほか、誘因の除去も必要です。誘因としては、抗生剤、ステロイド薬などの薬、性行為、不適切な下着の着用、洗浄剤などが挙げられますが、誘因が分からないこともあります。

性器カンジダ症になったときに気を付けたいポイント

性器カンジダ症になったときは、症状の悪化や感染拡大を防ぐために以下のような点に注意が必要です。

患部を清潔にする

性器カンジダ症になったときは、患部を清潔にすることが大切です。ただ、せっけんでむやみに洗うと症状が悪化することがあるため、ぬるま湯で洗い流す程度を心がけるとよいでしょう。

また、下着によるムレもよくないため、通気性のよい下着を身に着けてできるだけ乾燥した状態にするとよいとされています。

性行為は避ける

性器カンジダ症を発症した場合は、感染拡大を防ぐためにも性行為を避けましょう。性感染症にはピンポン感染(治っては感染することをお互いに繰り返すこと)のリスクがあるため、どちらかが発症したらパートナーも同時に治療する必要があります。