希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.09.28

アレルギー性鼻炎の漢方薬の特徴とは?〜知っておきたい知識と注意点〜

アレルギー性鼻炎の治療で使われる薬は、抗ヒスタミン薬やステロイド薬などが一般的です。しかし、これらの薬には眠くなるなどの副作用があることがあります。そのため、その人の体質に合わせて処方され、副作用が少ないといわれる“漢方薬”を望む人も多いようです。漢方薬には、どのような効果があるのでしょうか。また、処方してもらうにはどうすればよいのでしょうか。

ここでは、アレルギー性鼻炎の治療の際に用いられる漢方薬の効果と適用、副作用などを解説します。

一般的な薬の眠気や副作用が気になる場合に漢方を検討

鼻水や鼻づまりといったアレルギー性鼻炎の症状を和らげるには、炎症物質のはたらきを抑えるステロイド薬や、鼻水を抑える抗ヒスタミン薬などを使うのが一般的です。

しかし、効果に伴って眠気や喉の渇きなどの副作用が強く出やすいことが知られています。このため、日常生活に支障が出る人や運転・機械操作などの仕事に就いている人では、副作用が比較的少ない漢方薬を試すことも検討されます。

漢方薬で知っておきたい“証”という考え方

漢方を処方する際には、その人の体質傾向である“証”を調べることから始まり、その人の証に合った漢方薬を選択することで、症状を改善することが期待できるとされています。

漢方薬の種類

漢方薬と聞くと、やかんに薬草を入れて煎じた液体を飲むといったイメージがありますが、この煎じ薬のほかにエキス剤(漢方製剤)があります。

効果は煎じ薬のほうが優れていますが、高価なうえ健康保険の適用がほとんどないため、昨今は保険適用があり手軽で飲みやすいエキス剤が主流です。

アレルギー性鼻炎の症状に合った漢方薬

アレルギー性鼻炎の3大症状である“くしゃみ”“鼻水”“鼻づまり”は、花粉やハウスダストなどのアレルギー物質に反応して体が炎症を起こしたことが原因です。そのため、原因となる物質を排除するだけでなく、アレルギー物質に過剰に反応してしまう体全体の状態を整える漢方は、アレルギー性鼻炎の治療に向いているとされます。

アレルギー性鼻炎に用いられる主な漢方薬には次のようなものがあります。

小青竜湯しょうせいりゅうとう

水分バランスを調整するはたらきがあります。水のような鼻水やくしゃみなどの症状に対して処方されることがあります。

麻黄附子細辛湯まおうぶしさいしんとう

手足に冷えがあり、頭痛や寒気がある人の体を温めたり、痛みを和らげたりするはたらきがあります。体の冷えが強い傾向の人の鼻水などの症状に対して処方されることがあります。

葛根湯加川芎辛夷かっこんとうかせんきゅうしんい

鼻づまりや、それに伴う頭重感などの症状を和らげるはたらきがあります。粘性の強い鼻水で強い頭重感などの症状に対して処方されることがあります。

越婢加朮湯えっぴかじゅつとう

鼻づまりや体のむくみ、炎症を抑えるはたらきがあります。暑がりで、鼻粘膜が赤くなり厚くなっているなどの症状に対して処方されることがあります。

漢方薬でも副作用に注意

漢方薬は「効き目がゆっくりで体にやさしい」というイメージをもたれがちですが、あくまでも“くすり”です。少ないとはいえ、副作用が出ることもあります。

たとえば、皮膚に湿疹やかゆみなどがみられたり、吐き気があったり食欲がなくなったりすることがあります。もし普段と違う症状が表れたら、飲み続けず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

漢方薬を希望する場合は医師に相談を

漢方薬は漢方の専門知識のある医師のもとで処方してもらうのが適切ですが、現在の医師は大学で漢方医学について学んでいるため、希望すれば処方してくれることが一般的です。アレルギー性鼻炎の治療で漢方薬を試したい場合は、医師に相談して適切な薬を処方してもらうとよいでしょう。