希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.09.30

アレルギー性鼻炎・花粉症のオンライン診療

風邪でもないのにくしゃみ、サラサラな鼻水、鼻づまりなどの症状がある場合は、アレルギー性鼻炎の可能性があります。アレルギー性鼻炎には、1年を通して症状が出る“通年性アレルギー性鼻炎”と、特定の季節だけ症状が出る“季節性アレルギー性鼻炎”(花粉症)があります。

鼻炎の症状があっても、忙しかったり、病院の待ち時間が苦手だったりして受診しないまま放置している方もいるのではないでしょうか。しかし、放置すると鼻の粘膜が傷ついて出血したり、鼻症状のせいで日常生活に支障が出たり、口呼吸になることで感染症のリスクが高まったりするなど、さまざまなデメリットがあります。花粉症の場合は花粉が飛び始める前から治療を行うとよいとされているため、症状が出ていなくても早めに医療機関に相談するとよいでしょう。医療機関に直接行くのが難しい場合は、オンライン診療を利用するのも1つの方法です。

eHealth clinicのアレルギー性鼻炎・花粉症のオンライン診療の特徴

eHealth clinicでは、アレルギー性鼻炎や花粉症に関するオンライン診療を受け付けています。eHealth clinicのオンラン診療の特徴は以下のとおりです。

  • 診療申し込みがスマホで手軽にできる
  • 自宅や職場といった好きな場所で診療を受けることができる
  • 薬は最短30分で希望の場所にお届け可能
  • 処方箋は翌日到着
  • 決済はクレジットカード

費用

保険診療と自由診療で異なりますが、対面でもオンラインでも費用はほとんど変わらないことが一般的です。eHealth clinicでは、通信費は患者さん負担となりますが、オンラインシステム利用料などは発生しません。

オンライン診療の流れ

eHealth clinicでのオンライン診療は、以下のような流れとなります。

  1. 予約フォームでメニューを選択
  2. 問診の回答、保険証のアップロードを行う
  3. 当日は電話またはビデオ通話で診察を実施
  4. クレジットカードで決済を行う
  5. 薬が配送される

薬は最短で診察当日に発送し、到着は最短で翌日となります。お急ぎの場合は別途配達料金が必要となりますが、東京都23区内であれば当日中の配達、クリニックから4km圏内であれば最短30分での配達が可能なサービスもあります。また、お近くの薬局で薬を受け取る選択肢もあります。

オンライン診療について詳しくはこちらをご確認ください。

アレルギー性鼻炎・花粉症の基礎情報

アレルギー性鼻炎とは、アレルギーの原因物質が鼻から入り免疫反応が起こることで、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状が生じる病気です。ダニやほこりなどが原因となり、年間を通して症状が出る“通年性アレルギー性鼻炎”と、スギ花粉などが原因で、花粉が飛ぶ時期だけ症状が出る“季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)”があります。

アレルギー性鼻炎の原因は花粉であることが多く、花粉症の中でも約7割の人が、スギ花粉が原因とされています。スギは2~4月頃に飛散するため、スギ花粉症の場合はこの時期に症状が出ることが一般的です。

アレルギー性鼻炎や花粉症の症状が続くと、頭痛やだるさ、集中力の低下、イライラ、睡眠不足などにもつながるため、生活の質が下がるというデメリットがあります。そのため、早めの治療が重要となります。

アレルギー性鼻炎・花粉症の治療法

アレルギー性鼻炎・花粉症の主な治療法は、アレルギーの原因物質の除去(部屋の掃除や、マスクなどで花粉を避けるなど)、薬物療法、アレルゲン免疫療法、手術などです。

薬物療法では、抗ヒスタミン薬で鼻水を抑える、点鼻ステロイド薬で鼻の炎症を抑える、ロイコトリエン受容体拮抗薬で鼻づまりを解消するなど、対症療法を行うことが一般的です。花粉症の場合は、初期療法(症状が出る前から治療を始める)によって症状が出る時期を遅くし、花粉飛散の最盛期でも症状が軽くなる効果が期待できます。そのため、花粉が飛び始める2週間ほど前には治療を始めるとよいでしょう。

また、アレルゲン免疫療法とは、ダニや花粉といったアレルギーの原因物質を含んだ薬を体に入れる治療法です。少しずつ薬を投与して体を原因物質に慣らすことで、アレルギー症状の緩和が期待できます。治療期間は2~3年程度必要となりますが、アレルギーを治せる可能性のある唯一の治療法といわれており、薬物療法で効果が得られない人などの選択肢にもなる治療法です。

アレルギー性鼻炎について詳しくはこちら、花粉症について詳しくはこちらをご確認ください。