希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.12.09

クラミジア感染時の症状とは? ~受診の目安や治療の流れについても解説~

クラミジア(性器クラミジア感染症)は、治療せずに放置すると、重大な合併症を招くこともあるため、予防や早期発見が大切です。気になる症状があったり、感染の不安があったりする場合は受診を検討しましょう。

本記事では、クラミジア感染時によく現れる症状について解説します。

クラミジアの症状

クラミジアに感染しても女性の約75%、男性の約50%は無症状で、感染に気付かないで経過しているケースも少なくありません。

症状が現れる場合は、男性では主に尿道炎、女性では黄色いおりものや腹痛などがみられます。詳しくは以下のとおりです。

男性

主な症状は尿道炎であり、排尿痛や尿道の不快感、かゆみなどの自覚症状が現れます。感染した1~3週間後に、比較的サラッとした尿道分泌物(うみ)や排尿時の軽い痛みが出現することもあります。

女性

女性は感染しても自覚症状がみられないことが多いといわれています。症状が出ても、おりものが少し増える、黄色い濃いおりものが出る、軽い生理痛のように痛む、不正性器出血などの軽い症状です。

ただし、感染に気付かないまま放置すると、子宮外妊娠や腹膜炎といった合併症を引き起こす場合があります。

母親や新生児

妊婦さんがクラミジアに感染すると流産や早産の原因になる場合があります。また、出産時に赤ちゃんに産道感染する場合があり、その結果、新生児肺炎や結膜炎を起こすこともあります。

その他

性交類似行為(オーラルセックスなど)によって咽頭(のど)にクラミジアが感染することもあります。扁桃腺炎や咽頭炎を起こすこともあり、その場合は首のリンパが腫れるなどの症状がみられます。

なお、性器に感染した場合に比べて治療に時間がかかるといわれています。

どのようなときに受診したらよい?

男性であれば排尿痛や尿道の不快感、尿道口からの膿、女性であればおりものの変化や不正出血などの症状が目安になります。また、無症状であるケースが多いため、感染の不安があったり、不特定多数の相手と性行為を繰り返したりする場合は、一度検査を受けに受診を検討するとよいでしょう。

受診から治療までの流れ

クラミジア感染の疑いがあるときは、尿や分泌物など感染の疑いがある部位から検体を採取して検査をします。

検査の結果、クラミジアの感染が分かったら抗菌薬を使用して治療します。自己判断で薬を中断すると再発のリスクがあるので、医師の指示に従って服用しましょう。

また、クラミジアと診断された場合はパートナーも一緒に治療を受けることが大切です。性感染症は一度感染しても免疫ができないので、パートナー間で感染が続く場合があります。

eHealth clinicではクリニック内での検査のほか、オンライン診療の場合は検査キットを郵送し、自宅で検査を受けていただくことも可能です。

検査は、“淋菌・クラミジアトラコマチスDNA同時同定”という方法で、尿や分泌物、うがい液(検体)を採取して検査します。この検査は、同じ検体から淋菌のほか、クラミジアへの感染も確認することができます。

オンライン診療の場合は検査キットを郵送し、自宅で検査を受けていただきます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

「クラミジアの検査」について詳しく見る

「クラミジアの治療の流れ」について詳しく見る

「クラミジアの薬」について詳しく見る

クラミジアに関する不安や疑問があれば医師に相談を

クラミジアに感染すると無症状のことも多いですが、男性では排尿痛や尿道の不快感、女性ではおりものに変化がみられます。性感染症は自然治癒せず、放置していると重大な合併症につながることもあるので、医療機関での適切な検査や治療を行うことが大切です。クラミジアについて分からないことがある場合は、医師や看護師に相談しましょう。

eHealth clinicでは性器クラミジア感染症の診療を行っています。検査費用は治療薬込みの金額で、性器の検査で7,150円(税込:自由診療)、のどの検査で7,150円(税込:自由診療)、性器+のどの検査セットは14,850円(税込:自由診療)でご用意しています。オンライン診療の場合は自由診療となりますが、対面診療の場合、症状がある方は保険診療での対応も可能です。

どなたでも安心して治療を受けられるよう、患者さまのプライバシーには十分配慮いたします。気になることがある場合はお気軽にご相談ください。

▼【来院】性感染症外来のご予約はこちら▼

▼【オンライン診療】性感染症外来のご予約はこちら▼