希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.08.22

新型コロナウイルス感染症の後遺症のしびれの特徴とは? ~症状が続く期間や治療法、受診の目安をご紹介~

新型コロナウイルス感染症の後遺症は、病気が回復した後もしびれや嗅覚・味覚障害、微熱・発熱、呼吸困難、脱毛などのさまざまな症状がみられることがあります。このような後遺症は少なくとも2か月以上継続し、ほかの病気による症状として説明がつかないもののことをいいます。

症状の頻度は感染したウイルスの株などによっても異なるほか、同時に複数の症状を訴えるケースもあります。中でも本記事では、新型コロナウイルス感染症の後遺症のしびれについて解説します。

新型コロナウイルス感染症の後遺症でみられるしびれの特徴

新型コロナウイルス感染症の後遺症として、まれにしびれが出ることがあります。具体的には手足がしびれていたり、全体的に体の感覚が変だったりするといわれています。

しびれが出る時期

主に新型コロナウイルス感染症になりはじめの時期(急性期)から持続する場合や、回復した後に新たに現れる場合があります。

また、しびれの程度は常に一定ではなく、症状が治まった後に再び出現することもあります。このように、しびれが出る時期には個人差があります。

しびれが続く(治るまでの)期間

しびれをはじめ、後遺症全般でみると5か月以内に症状の改善を感じる方が半数以上いるという報告があります。ただし、中には1年以上持続する方もいるなど、しびれを含む後遺症が治まるまでの期間や経過には個人差があります。

しびれの頻度

東京都の後遺症対策チーム*では“コロナ後遺症相談窓口”に寄せられた相談内容をもとに、オミクロン株と見込まれる新型コロナウイルス感染者の後遺症について分析した調査報告を出しています。そのデータによると、しびれの割合は1.4%という結果でした。なお、後遺症の中でももっとも多かったのは咳で38.6%、次が倦怠感(だるさ)で34.0%とされています。

*東京iCDC後遺症タスクフォース.“都立・公社病院「コロナ後遺症相談窓口」の相談データ分析” (閲覧日2022-08-15)

しびれが続くときの受診の目安

以下の場合は早めに医療機関を受診しましょう。そのほか、気になることがあれば医師や住まいの自治体の相談窓口に相談するとよいでしょう。

  • 日常生活に支障が生じ始める程度のしびれがあり、それが4週間以上続いている場合など

しびれの治療法

現時点では、しびれをはじめとした新型コロナウイルス感染症の後遺症に対する確立した治療法はありません。対症療法(病気による症状を緩和する治療法)が中心となります。

しびれがある場合は、必要に応じて検査をして症状の原因を調べ、漢方処方や生活指導、経過観察などを行うことが一般的です。

後遺症が続く期間には個人差があり、基本的には徐々に回復するといわれています。また、海外の研究結果を見てみると、新型コロナワクチンを2回接種してから新型コロナウイルスに感染した場合、28日以上続く症状の発現が約半数へ減少することが分かっており、ワクチン接種がすすめられます。

気になる症状が続くときは医師に相談を

新型コロナウイルス感染症の後遺症の1つに、長引くしびれがあります。基本的には徐々に回復するので、休息をとったり生活習慣を整えたりして過ごすことが大切です。

ただし、症状が4週間以上続く場合は、かかりつけ医や近隣の医療機関へ相談するようにしましょう。

eHealthクリニックでは新型コロナ後遺症外来を設置し、24時間365日後遺症に悩む患者さんの診療を行っています。予約はもちろん診療から薬の処方まで全てオンライン上で完結できるため、忙しくてクリニックに足を運ぶ時間がない方でも時間や場所に関係なく利用いただくことが可能です。気になることがある場合はお気軽にご相談ください。

参考文献