希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.08.22
#内科 #対象疾患

甲状腺超音波検査

甲状腺超音波検査とは

甲状腺超音波検査とは、超音波で甲状腺の大きさや腫瘍(しゅよう)の有無、リンパ節の腫れを調べる検査のことです。検査は仰向けに寝た状態で行います。首にゼリーを塗り機械で超音波を当て、甲状腺からはね返ってくる超音波を画像として映し出すことで、甲状腺の病気を確認します。検査にかかる時間は10~30分程度です。

甲状腺ってどんな臓器?

甲状腺は喉の下に位置する臓器で、代謝に関わる甲状腺ホルモンを生み出す役割があります。このはたらきが悪くなると、疲労感や無気力、動悸、息切れ、カロリー摂取量に不釣り合いな体重増減など、体にさまざまな影響が出ることがあります。

甲状腺の病気は女性に多いという特徴があり、病気によって月経不順や不妊などにつながることもあるといわれています。

検査がすすめられる人の特徴

甲状腺超音波検査がすすめられる人の特徴は、以下のとおりです。

  • 甲状腺の病気にかかったことがあるご家族(血縁関係)がいる人
  • 健康診断で甲状腺腫大と診断された人
  • 喉が腫れていると言われたことがある人
  • 動悸や手のふるえがある、汗をかきやすい
  • だるい、疲れやすい、むくみがある人
  • コレステロールが高い人 など

上記に該当する場合は、医療機関を受診して検査の要否について医師に相談してみるとよいでしょう。

検査で分かる病気

甲状腺超音波検査を受けることで分かる病気は、以下のとおりです。

  • バセドウ病
  • 甲状腺機能低下症
  • 橋本病
  • 甲状腺炎
  • 甲状腺腫
  • 甲状腺がん など

甲状腺の異常には、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる機能亢進症(バセドウ病)、逆に分泌が低下する機能低下症(橋本病など)、甲状腺内部にできものができる病変の3種類があります。

超音波検査では、画像から分かる甲状腺の腫れ具合や血流の様子、白黒部分の濃淡を加味して病気を判断します。

検査結果の見方

基準値

  • 異常なし

超音波検査の結果は一般的に、甲状腺の様子が映し出された画像を医師が見て異常がないかを判断し、“異常なし”もしくは“異常あり”と通知されます。検査結果に異常がない場合でも、定期的な健康診断を受けることが大切です。

また、超音波検査の画像は濃淡のある白黒で表され、甲状腺の位置や大きさ、形などを確認できます。腫瘍がある場合にはその部分が黒く映り、石灰化している場合には白く映ることが特徴です。また甲状腺炎の場合は、炎症している部位の輪郭が不明瞭になります。

異常値

  • 異常あり

検査で腫瘤(しゅりゅう)(しこり)が見つかった際は、必要に応じて専門病院の受診や超音波ガイド穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)、血液検査をすすめられることがあります。

超音波ガイド下甲状腺穿刺吸引細胞診とは、超音波で腫瘤(しこり)を確認しながら針を刺して細胞を吸引し、これを顕微鏡で観察して、良性か悪性かを判断する検査のことです。検査には、採血のときと同じ太さの針を使用します。詳しい検査をすることで、経過観察で問題ないか、あるいは手術や薬での治療を行うべきかを判断します。

甲状腺超音波検査を受けるときに気を付けたいポイント

以下では、甲状腺超音波検査を受ける際に気を付けたいポイントをご紹介します。

検査前の準備

甲状腺超音波検査を受ける場合、食事制限の必要はありません。

首にゼリーを塗って超音波検査をするため、首周りが開いた服で受診し、ネックレスなどは外すようにしましょう。

痛み

甲状腺超音波検査は、ゼリーを付けた機械を首に当てて表面を滑らせるだけなので、基本的に痛みはありません。甲状腺が腫れている場合は、首を押さえる際に痛みを感じる場合がありますが、痛みを過度に心配する必要はありません。