希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.08.22
#内科 #対象疾患

腫瘍マーカー検査(がん検査)

腫瘍マーカー検査とは

腫瘍マーカー検査(がん検査)とは、がん(悪性腫瘍)ができると体内でつくられる特殊な物質を採血によって調べる検査です。腫瘍マーカーはがんの種類によって約50種類あり、その数値はがんがあると高くなりやすいという特徴があります。

主にがんの診断の補助や診断後の経過、治療の効果をみるために用いられますが、採血で簡単にがんの疑いを知ることができるという点から人間ドッグなどで行われることもあります。しかし、腫瘍マーカーの値だけではがんの有無やがんがある場所が判断できないため、画像検査なども行い、医師が総合的に判断します。検査結果が出るまでには、1週間程度かかります。

検査がすすめられる人の特徴

腫瘍マーカー検査をすすめられる 人は以下のとおりです。

  • がんの疑いの有無を簡単に知りたい人
  • 家族ががんにかかったことがある人
  • 喫煙をする人 など

腫瘍マーカー検査の多くは血液検査によって簡単にできるため、体への負担が少ないというメリットがあります。そのため、がんを患っている可能性を簡単に検査したい方は医師に相談のうえ検査を検討するとよいでしょう。

検査で分かる病気

腫瘍マーカー検査を受けることで分かる病気には、以下があります。

  • 胃がん
  • 前立腺がん
  • 肝臓がん
  • 子宮体がん
  • 大腸がん
  • 肺がん
  • 卵巣がん
  • 乳がん など

ただ、腫瘍マーカーの値だけではがんの確定診断はできません。そのため、腫瘍マーカー検査に加えて、診察や画像検査の結果などと併せて診断されます。

検査結果の見方

検査結果が基準値内にない場合は、体内にがんが存在する可能性があります。なお、検査数値が基準値内でも、定期的に健康診断を受けることがすすめられます。

項目と基準値

CEA

  • 5.0ng/mL以下

基準値より高い場合は主に大腸がん、胃がん、乳がん、甲状腺がん、肺がん、卵巣がんなどがん全般の疑いがあります。

PSA

  • 4.0ng/mL以下

準値より高い場合は主に前立腺がんの疑いがあります。

シフラ21-1

  • 3.5 ng/mL以下

準値より高い場合は主に肺がんの疑いがあります。

エラスターゼ1

  • 300ng/mL以下

準値より高い場合は主に膵臓がんの疑いがあります。

CA19-9

  • 37.0U/mL以下

準値より高い場合は主に膵臓がん、胃がん、胆道がん、大腸がん、卵巣がんの疑いがあります。

CA15-3

  • 27.0U/mL以下

準値より高い場合は主に乳がん、卵巣がんの疑いがあります。

CA125

  • 35.0U/mL以下

準値より高い場合は主に卵巣がん、子宮がんの疑いがあります。

AFP

  • 10.0ng/mL以下

準値より高い場合は主に肝臓がんの疑いがあります。

PIVKA

  • 40mAU/mL未満

準値より高い場合は主に肝臓がんの疑いがあります。

SCC

  • 1.5ng/mL以下

準値より高い場合は主に肺がん、子宮がんの疑いがあります。

NSE

  • 12ng/ml以下

準値より高い場合は主に肺がんの疑いがあります。

BCA225

  • 160U/ml以下

準値より高い場合は主に乳がんの疑いがあります。

SCC抗原

  • 1.5ng/ml以下

準値より高い場合は主に食道がん、胃がん、大腸がんの疑いがあります。

異常値

  • 基準値外

検査結果が異常値であった場合は体内にがんが存在する可能があるため、医療機関を受診して精密検査を受けましょう。

ただし、異常値となった場合でも100%がんであるわけではありません。精密検査として必要に応じてX線検査や超音波、CTなどの画像診断や、内視鏡・細胞診などが行われることがあります。

腫瘍マーカー検査を受けるときに気を付けたいポイント

腫瘍マーカー検査の注意点

腫瘍マーカー検査の数値が異常であっても、必ずがんが存在するというわけではありません。良性腫瘍のほかにも、下記の要因で異常値が出る場合があります。

  • 長期喫煙
  • 糖尿病
  • 月経周期
  • 妊娠
  • 肺疾患
  • 萎縮性胃炎
  • 炎症性腸炎
  • 加齢

一方数値が正常であっても必ずしもがんが存在しないというわけではありません。初期のがんでは腫瘍マーカーが少なく、検知できない場合があります。

前述のとおり腫瘍マーカーは、治療効果の判定や再発・転移の早期発見に有効です。「がんを早期に発見する」という意味で必ずしも有効とはいえないことを理解しておきましょう。なお、がんを早期発見したい場合は腫瘍マーカー単独ではなく、その他のがん検診と合わせて受診するとよいでしょう。

検査前の準備

腫瘍マーカー検査を受ける場合、食事制限などの事前準備は特に必要ありません。

痛み

腫瘍マーカー血液検査をするため、採血に伴う痛みがあります。