希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.09.08
#内科 #対象疾患

酸化LDL

酸化LDLとは

酸化LDLとは、LDL(低比重リポたんぱく)が酸化ストレス(後述)によって酸化変性したものです。LDLは血液中でコレステロールなどを運搬する物質で、通常は体内の抗酸化能によってLDLが酸化しないようになっています。しかし、酸化ストレスが大きくなったり、抗酸化能が低下したりすると、LDLの酸化が進みます。すると、酸化LDLが血管の壁にくっつき、最終的にプラークという粥状の物質になり、動脈硬化の原因となると言われています。動脈硬化は血管が硬く脆くなった状態のことをさし、進行すると命に関わる病気の発症につながるため、注意が必要です。

酸化ストレスって?

酸化ストレスは体内で酸素が利用されるプロセスにおいて発生し、体にとって有害なはたらきをするものです。喫煙などは酸化ストレスが大きくなる原因とされています。

また、酸化ストレスが大きくなると、糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病、がん、認知症など、さまざまな病気のリスクが高まると考えられています。そのため、酸化ストレスの程度を調べることが病気のリスクを知り、予防改善するきっかけにもなると言われています。

これを調べる方法には、酸化ストレス検査があります。酸化ストレスを調べるための指標にはさまざまなものがありますが、その1つに酸化LDLも含まれています。

酸化LDLの検査方法(酸化ストレス検査)とは?

酸化LDLの検査は採血によって行います。検査は糖尿病患者の治療の成果や合併症の状況の確認のために行うこともありますが、基本的には病気の検査目的で行うわけではなく、生活習慣の見直しや健康寿命をのばすことを目的に、予防として自主的に検査を受けるという側面が大きいです。

酸化LDLの検査前のポイントとは?

糖尿病患者の治療の成果や合併症の状況の確認のために検査する場合は、保険適用となることがあります。ただし、検査のタイミングや回数に条件があるため、詳細は医師に確認してください。

検査に際しては食事制限が必要となる場合があるため、事前に検査機関に確認するとよいでしょう。心臓病や高血圧の薬を飲んでいる場合は、検査の日の朝7時までに飲んでおきましょう。ただし、詳細な時間やそのほかの種類の薬を飲んでいる場合の対応については、担当医や検査機関の指示に従ってください。

また、妊娠中や授乳中は数値に影響が及ぶ可能性があります。正しい結果が出ないことがあるため、注意が必要です。

そのほかの注意点として、採血には痛みを伴います。さらに、アルコールで消毒をするため、アルコールに対するアレルギーがある場合は採血前に担当者に伝えてください。

酸化LDLの基準値と異常値

基準値

男性の場合

  • 45才未満 :46~82U/L
  • 45才以上 :61~105U/L

女性の場合

  • 55才未満 :46~82U/L
  • 55才以上 :61~105 U/L

異常値

  • 基準値外の場合

基準値から外れた場合はなんらかの異常が生じていることが考えらえます。

基準値よりも高値の場合、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪などの代謝に異常がある状態のこと)や糖尿病の可能性があります。また、糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病、がん、認知症など、さまざまな病気のリスクが高い状態にあると判断できます。

異常が見つかった場合

酸化LDLの数値が基準値から外れた場合は、さまざまな病気のリスクが高い状態にあることを理解し、生活習慣を見直す必要があります。

紫外線や大気汚染、喫煙、過度な運動、ストレスなどは酸化ストレスの原因となるため、避けましょう。さらに、抗酸化能を高め、酸化ストレスを防ぐためには栄養バランスの取れた食事、適度な運動習慣、十分な睡眠が大事だといわれています。

また、糖尿病や脂質異常症の可能性もあるため、必要に応じて精密検査を受けたり、受診したりするなど、適切な対応を取るとよいでしょう。