希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.09.30

遅延型アレルギーの検査とは? ~問診や食物経口負荷試験、血液検査などが行われる~

遅延型アレルギー(遅延型食物アレルギー)とは、食後数時間~数日たってから症状があらわれる食物アレルギーの1つで、子どもから大人まで年齢に関係なく発症するといわれています。症状は湿疹やかゆみなどの皮膚症状から、下痢、腹痛、鼻づまりなどの日頃よくみられる症状など幅広く、時に体質のせいだと放置してしまうことも少なくありません。

また、症状が現れるまでに時間がかかるため、原因となる食べ物とその症状との関係が分かりにくいのが特徴です。そのため、気になる症状がある場合は、自己判断せずに一度受診するようにしましょう。

本記事では、遅延型アレルギーの検査について解説します。

遅延型アレルギーの検査

遅延型アレルギーが疑われる場合は、問診のうえ、食物経口負荷試験や血液検査などが行われます。以下では、それぞれの内容をご紹介します。

問診

問診では、病気の有無や病状などを判断するための質問などをされます。たとえば、以下のような内容を確認されることがあるため、事前に答えられるようにしておくとよいでしょう。

  • 何を食べて症状が出たのか
  • どのくらい食べたのか
  • 食べてからどのくらいで症状が出たのか
  • どこに症状が出たのか
  • 症状はどのくらい持続しているのか
  • 同じ食べ物を食べたときに同じような症状が出るのか

など

食物経口負荷試験(OFC:oral food challenge)

食物経口負荷試験とは、アレルギーが確定している、もしくは疑われる食品を単回または複数回に分けて摂取し、症状が現れるかどうかを確認する検査のことです。食物アレルギーの確定診断や、安全に食べられる量の確認などを目的として行われます。

食物経口負荷試験で症状がない場合やはっきりしない場合は、負荷後数回にわたり再現性を確認します。家庭などでの自己流の検査は危険なので、医師の判断の下で検査を受けることが重要です。

血液検査

遅延型アレルギーを疑った場合、IgG抗体を調べる検査が行われることが一般的です。IgG抗体とは、侵入した異物を排除しようとはたらく物質のことで、遅延型アレルギーに関与していると考えられています。

検査は採血によって行われ、数十〜数百種類の食べ物について調べることができます。検査結果はアレルギー反応の強さによって0~VIまでの7段階で示され、III以上は対策が必要なレベルであると考えられています。

ただし、IgG抗体は健康な人でも検出されることがあり、正確な診断に用いることはできないといわれています。そのため、あくまで原因を探る1つの手段として用いられており、保険適用で受けることはできません。

遅延型アレルギーの治療方針

検査によって遅延型アレルギーと診断された場合は、主にアレルギーの原因物質の除去や症状に応じた治療が検討されます。原因物質だと疑われるものの摂取は必要最低限にします。

また、約3~6か月原因物質を除去することで免疫反応が鎮まり、アレルギー反応が起こりにくくなるといわれています。なお、血液検査からある食べ物が陽性になっても必ずしもそれが原因になっているとは限らず、単に制限すると栄養不良を招く恐れがあるので、医師の指示に従って制限をすることが大切です。

また症状に応じた治療では、たとえば、蕁麻疹(じんましん)やかゆみに対しては抗ヒスタミン薬、咳や息苦しさに対しては気管支拡張薬の吸入などを行います。

自身も検査について十分に理解することが大切

検査では症状に注意しながら慎重に、また時に繰り返し行いながら原因を見つけていきます。自己判断による自己流の検査は危険なので、医師の判断の下で行いましょう。

検査結果やその後の治療方針については、医師だけではなく自身も十分に理解しておくことが必要です。遅延型アレルギーの検査について不明点や疑問点があれば医師に相談しましょう。