希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.09.30
#アレルギー科

遅延型アレルギーの症状とは? ~症状の経過や持続期間についてご紹介~

食物アレルギーとは、ある特定の食べ物を食べたり触れたりした後に症状が現れる病気のことで、症状の経過によって“即時型”と“遅延型”に分けられます。食物アレルギーの多くは即時型アレルギー(即時型食物アレルギー)で、子どもに多いことが特徴です。一方の遅延型アレルギー(遅延型食物アレルギー)は子どもから大人まで年齢関係になくみられるといわれています。

中でも、特定の食べ物を食べた翌日や数日後に不調がみられる場合は“遅延型アレルギー”の可能性があります。本記事では遅延型アレルギーの症状の特徴や受診の目安などについて解説します。

遅延型アレルギーの症状の特徴

主な症状

食物アレルギーでは、皮膚や呼吸器、消化器など体のさまざまな臓器に症状が現れます。中でも遅延型アレルギーの多くは、長引く湿疹や下痢などの症状に関連するといわれています。ただし、その症状は幅広く、一般にアレルギーとは認識されないようなものも含まれるため、体質のせいだと思われてしまうケースも少なくありません。具体的には以下のような症状がみられることがあります。

  • 湿疹や肌荒れがある
  • 消化不良や便秘・下痢などがある
  • 疲れやすさや疲労を感じる
  • 集中力が落ちる
  • かゆみがある
  • だるいと感じる
  • 肩こりや筋肉痛、関節痛などがある
  • イライラする など

これらの症状は、1つだけ現れる場合もあれば、急に複数の臓器に症状が現れることもあるため注意しましょう。

症状の経過や持続期間

即時型アレルギーは食後すぐ(約2時間以内)に症状がみられますが、遅延型アレルギー(遅延型食物アレルギー)は、食後数時間~数日経ってから症状がみられることが特徴です。食後すぐには症状が出ないことから気付きにくいといわれています。また、症状の持続期間は一定しないと考えられています。

遅延型アレルギーを疑ったらどうすればよいの?

上記のような症状の特徴に当てはまったり、日頃から不調を感じていたりする場合は、遅延型アレルギーやほかの病気の可能性も踏まえて一度受診しましょう。医療機関では、医師の判断のもと適切な検査を行います。

検査

診断は、丁寧な問診のうえで、原因となる食べ物の除去・負荷試験などを行う必要があります。

食物経口負荷試験(OFC: oral food challenge)

アレルギーが確定しているか、もしくは疑われる食品を1回または複数回に分けて摂取し、症状が出現するかどうかを確認する検査のことです。なお、家庭で行う自己流の検査は危険なので控えましょう。

血液検査

遅延型アレルギーは異物の侵入を攻撃する物質“IgG抗体”が関与していると考えられているため、血液検査でIgG抗体を調べる検査を行うことがあります。検査では数十〜数百種類の食べ物について調べることができます。

検査結果は反応の強さによって7段階で示され、III以上は対策が必要なレベルであると考えられています。ただし、IgG抗体は健康な人でも検出されることがあり、正確な診断には用いることはできないといわれています。あくまで、原因を探る1つの手段として考えましょう。

気になる症状がある場合は医師に相談を

普段何気なく食べていたものが、日頃感じていた不調の原因となっている可能性があります。アレルギー症状は人によって異なるうえに、一般的にアレルギー症状とは認識されないものも多く含まれます。適切な治療を受けるためにも、普段から気になる症状がある場合は受診を検討しましょう。

 

eHealthclinicの遅延性アレルギー検査

eHealthclinicでは、遅延性アレルギー検査を行っています。

通常、食物アレルギーとしてIgE抗体の検査がよく行われています。
これは、即時型のアレルギー検査です。
遅延型アレルギー検査とは、数時間~数週間以上経過した後に現れるアレルギー反応を調べるために用いられる検査で、アレルゲンとなる食べ物に対するIgG抗体の量を採血によって調べます。

実際の検査では、少量の血液で192項目の検査することが可能です。

・遅延性アレルギー検査

「原因が分からない慢性的な症状がある」「どのアレルギーを持っているのか知りたい」などでお悩みの方は、一度ご相談ください。

IgG フードアレルギー検査(192項目)   44,000円(税込み)

※自費診療となり、保険適用外になります。
※処方には医師の診察が必要です。