希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.09.30

遅延型アレルギーの治療とは? ~原因となる食べ物を避けるなど、症状に合わせた対処をする~

遅延型アレルギー(遅延型食物アレルギー)は、IgG抗体(異物を排除しようとする物質)が関与して、食後数時間~数日たってから肌荒れや頭痛、疲れ、イライラなどの症状が現れる食物アレルギーの一種です。食後すぐ(2時間以内)に症状が現れる即時型とは異なり、症状が現れるまでの時間が長いため、原因となる食物とその症状との関係が分かりにくいのが特徴です。また、肌荒れや頭痛、疲れ、イライラなど日常で起こりやすい症状であるため、体質のせいだと思ってしまうケースも少なくありません。気になる症状がある場合は、遅延型アレルギーの可能性を含め、まずはかかりつけ医などに相談してみましょう。

本記事では遅延型アレルギーの治療について解説します。

遅延型アレルギーの治療方針

検査によって遅延型アレルギーと診断された場合は、主にアレルギーの原因物質の除去や症状に応じた治療が検討されます。

ただし、血液検査から特定の食べ物が陽性になっても、必ずしもそれが原因になっているとは限りません。検査の指標である食べ物に特異的なIgG抗体は、食物アレルギー症状のない方でも検出されることがあるためです。食べたものと症状の因果関係を確認するためには、食物負荷試験(アレルギーが疑われる食べ物を摂取して症状の有無を確認すること)を繰り返し行うことが必要だと考えられています。

なお、検査結果から原因と考えられる食べ物を自己判断で制限すると、栄養不良を招く恐れがあるので、医師の指示の下で制限するようにしましょう。

原因となる食べ物の除去

治療では、原因となる食べ物の摂取を必要最低限にします。また、約3~6か月の間除去することで免疫反応が沈静化し、アレルギー反応が起こりにくくなるといわれています。

幼少期の食物アレルギーは、多くの場合が成長にとともに耐性がついて原因食物に対するアレルギー反応が消失します。一方で大人の食物アレルギーは、耐性を獲得しにくく、原因食品の継続的な除去が必要なことが多いと考えられています。

なお、前述のとおり原因食物の除去は自己判断によって間違った方法を取ると栄養バランスが崩れて不調をきたすこともあるため、医師や管理栄養士の指導の下で行うことが大切です。以下では、遅延型アレルギーの治療における指導例を3つご紹介します。

指導例1――疑われる原因物質を避ける

たとえば、卵が原因だと考えられる場合は、卵を食べないように指導することがあります。卵はお菓子などの加工品に含まれる場合もあるため、食べる前に食品表示を確認して卵が含まれていない食品を選ぶようにすることが大切です。

指導例2――同じ食べ物を続けて食べない

腸内の抗体免疫を作らせないために、同じ食べ物を続けて食べないようにすることが大切です。普段から好んで食べているものは、メーカーの違うものを選ぶように指導する場合もあります。この目的は、同じ食物の頻繁な摂取を防ぐことです。摂取の頻度が高いと、食物へのアレルギー反応が悪化する場合があります。

指導例3――食物経口負荷試験を行う

食品の量や調理法を変えることによって、アレルギー症状が出なくなることもあります。食物経口負荷試験にて複数回確認することで、原因となる食べ物の除去を必要最小限に抑えることも可能です。

症状を和らげる治療

現れている症状に合わせた治療を行うこともあります。たとえば、湿疹やかゆみに対しては抗ヒスタミン薬、咳や喉がヒューヒュー鳴るなど呼吸器症状に対しては気管支拡張薬の吸入などを処方する場合もあります。どのような薬を処方するかは、医師が患者さんの症状をみて判断します。

遅延型アレルギーの治療に関して分からないことは医師に相談しよう

遅延型アレルギーの治療では、原因となる食べ物を除去したり、アレルギー症状を和らげる薬などを処方したりします。問診や検査のうえ原因となる食べ物を慎重に判断し、治療方針を決めていきます。遅延型アレルギーの治療については医師だけではなく自分自身でも理解することが大切です。分からないことがある場合は、医師や看護師、管理栄養士などに相談するようにしましょう。