希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.09.08

糖尿病が治る可能性とは?~「治る」の意味や治す方法をご紹介~

糖尿病とは、インスリンというホルモンの不足や作用低下が原因で、高血糖の状態が続く病気です。高血糖状態が続くと、神経障害や目の網膜症、腎症などの合併症を引き起こし、日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。糖尿病になると生涯治療を続けるイメージもありますが、治る病気なのでしょうか。

糖尿病が治る可能性とは?

糖尿病は、治療を受けずに放置しても治ることはありません。また、治療を受ければ治るのかどうかは、糖尿病の種類によって異なります。糖尿病は主に、生まれつきの体質などによる1型糖尿病と、生活習慣の乱れが原因である2型糖尿病に分けられますが、中でも2型糖尿病は治る可能性があるといわれています。

なお、ここでいう“治る(医学的には寛解)”とは、治療薬を服用しなくても適正な血糖値を維持できている状態のことを指します。

2型糖尿病は治る可能性がある

糖尿病患者のうちの95%以上を占める2型糖尿病は、生活習慣の乱れによってインスリンが出にくくなったり、はたらきが悪くなったりして、血糖値を下げることができなくなる病気です。

2型糖尿病は生活習慣に起因するため、食事療法や運動療法などによって治る場合があります。ただし、食事や運動などの生活習慣に対する改善は引き続き必要です。

1型糖尿病は治すことが難しい

1型糖尿病は遺伝や生まれつきの体質により、膵臓(すいぞう)にあるインスリンを分泌する細胞が機能しないことで発症する病気です。治療法が見つかっていないため、生涯インスリン注射などによる治療を行う必要があるといわれています。

糖尿病を治す方法

2型糖尿病を治すには、食事療法や運動療法などの生活習慣の改善が重要なポイントです。これによって治療薬を使用しなくても、血糖値を適正値にコントロールすることができるとされています。具体的な内容は以下のとおりです。

食事療法

食べたものは血糖値の変動に直接に影響するため、食事の工夫は糖尿病の治療においてとても重要です。しかし、単に食事の量を減らせばよいというわけではなく、炭水化物、たんぱく質、脂質など、さまざまな栄養素をバランスよく取ることが大切です。また、朝昼晩の3食以外に間食をすると体重が増えやすく、血糖コントロールが難しくなります。そのため、間食は主治医と相談し、適量を決めて取り方を工夫しましょう。

このほか、アルコールの飲み過ぎは血糖のバランスを崩してしまうので注意しましょう。お酒を飲む際は、適量(日本酒1合、ビール中瓶1本500ml程度)を心がけるとよいでしょう。

運動療法

糖尿病を治すには、ウォーキングといった有酸素運動や筋力トレーニング、日常生活での活動量の増加なども大切です。有酸素運動や筋肉トレーニングによってインスリンの効果が高まり、血糖値が下がりやすくなるといわれています。

ただし、単に激しい運動を行えばいいというわけではありません。体を動かすエネルギーを補充するために血糖値を上げるホルモン分泌が増え、一時的に血糖値が高くなることがあるためです。また、血圧を上げるような強度が高い運動は心臓や腎臓に負荷がかかる恐れがあるため注意が必要です。

そのため、運動に関しても自己判断せず、医師と相談しながら自分に合ったものを取り入れるようにしましょう。

▼eHealthclinic新宿院 糖尿病外来のご予約はこちら▼

糖尿病の治療で気になることがあれば医師に相談を

2型糖尿病は、生活習慣の改善によって薬を飲まずに血糖コントロールできる状態まで改善できる可能性があります。しかし生活習慣の改善方法は人によって異なり、自分の生活スタイルに合ったものを取り入れることが大切です。そのため、糖尿病の治療に関して気になることは医師や看護師、管理栄養士などに相談するようにしましょう。

▼eHealthclinic新宿院 糖尿病外来のご予約はこちら▼