希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2022.04.13
#内科 #糖尿病内科(内分泌・代謝外来) #対象外来

糖尿病外来

糖尿病とは

糖尿病とは、慢性的に血糖値が高い状態が続く病気のことです。日本では成人の6人に1人が糖尿病の疑いがあるといわれています。通常は血糖値を下げるインスリンというホルモンが血糖値を調節していますが、このインスリンが不足したり、はたらきが低下したりすると血糖値が高くなります。さらに進行すると、目や腎臓、神経などに関わる病気につながる可能性もあります。

糖尿病には1型糖尿病(インスリン依存型)と2型糖尿病(インスリン非依存型)の2種類があり、原因は種類によって異なります。1型は自己免疫疾患などによってインスリンを分泌する細胞が破壊されることが原因とされています。2型は遺伝と生活習慣(食べすぎや運動不足など)が原因とされ、糖尿病患者さんの多くは2型だといわれています。

糖尿病の症状

主な症状

初期の段階では症状がないことが一般的です。そのため、健康診断で発見されることもありますが、以下のような症状が見られることもあります。

  • 多尿(尿の量が多くなる)
  • 喉が渇く
  • 体重が減る
  • 疲れやすくなる など

進行した場合の症状

血糖が高い状態を長い間放置すると特に体の細い血管に影響を与え、最終的に目が見えなくなる糖尿病網膜症や、腎臓のはたらきが悪くなる糖尿病腎症、手足の感覚に関わる神経が障害される糖尿病神経障害を引き起こす可能性があります。すると、以下のような症状がみられることがあります 。

  • 目のかすみや視力低下
  • 体がむくむ
  • 手足のしびれ、ほてり、痛み、足の感覚麻痺
  • 尿から甘いにおいがする など

「糖尿病の症状」について詳しく見る

受診の目安

糖尿病の多くは無症状であるため、気が付かないうちに進行してしまうことも少なくありません。しかし進行すると血管の弾力性がなくなり、硬く脆くなる“動脈硬化”を招く恐れがあり、時に心筋梗塞しんきんこうそくや脳梗塞といった命に関わる病気を引き起こす可能性もあります。また、糖尿病網膜症や糖尿病腎症、糖尿病神経障害といった目や腎臓、神経に関わる病気を招くこともあります。

このことからも、無症状でも年に1回の健康診断を受けて早期発見・早期治療に努めるようにしましょう。 また、上記のような症状がある場合も早めに内科やかかりつけ医などの受診を検討するようにしましょう。

「糖尿病の合併症」について詳しく見る

「糖尿病の診断基準」について詳しく見る

 

 

糖尿病の治療のポイント

糖尿病の治療では、血糖値をコントロールすることで合併症の発症・悪化を予防し、健康な人と同じような生活で人生を送れるようにすることを目指します。まず食事療法や運動療法を2~3か月続け、治療の効果が現れない場合は薬物療法を行うことが一般的です。

食事療法

糖尿病の食事療法は、正しい食習慣を身に付けることで、食べ過ぎを避け、好き嫌いをせずに規則正しい食事をすることです。

食事療法というと食事を制限するというようなイメージもありますが、特別な食事をするわけではありません。自分の生活や年齢、性別などに合わせた食事量を過不足なく食べるようにしたり、さまざまな食品を取り入れて栄養バランスのよい食事を心がけたりして、血糖値をコントロールしていきます。食事に関する知識や工夫を身に付けることで外食をすることもできます。糖尿病だからといって制限しないといけない、または特別食べたほうがよい食品があるというわけではないことを覚えておくとよいでしょう。

「糖尿病の食事療法」について詳しく見る

運動療法

運動によって筋肉量や、筋肉への血流が増えると血糖値の低下につながるとされています。運動内容はややきつい有酸素運動(ウォーキングやジョギング、水泳などの全身運動)が望ましく、ウォーキングなら1回15~30分程度を1日2回行うのが目安です。さらに、足や腰、背中などの大きな筋肉を使う筋トレを1セット10回程度、週に2~3回行うとよいとされています。

ただし、きついトレーニングは一時的に血糖値が高まったり、血圧が上がって心臓や血管の負担になったりする場合があるため、内容は医師に相談して決めてください。また、運動をやめると3日程度で効果が失われるため、続けることが大切です。

「糖尿病の運動療法」について詳しく見る

薬物療法

糖尿病の主な薬には飲み薬と注射薬があります。飲み薬にはさまざまな種類がありますが、大きくインスリンの分泌量を増やす薬、インスリンのはたらきをよくする薬、糖の吸収や排出バランスを調整する薬などがあります。

また注射薬には、インスリンの分泌を促す薬と、インスリンそのものをからだに補充する薬があります。それぞれ副作用などが異なるため、十分な説明を受けたうえで使用しましょう。

「糖尿病の治療薬」について詳しく見る

「糖尿病が治る可能性」について詳しく見る

 

糖尿病になったときに気を付けたいポイント

禁煙する

たばこは動脈硬化につながりやすくなるとされています。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞、末梢動脈性疾患まっしょうどうみゃくせいしっかん、網膜症、腎症、神経障害などにも関わるため、禁煙に努めましょう。

数値を記録する

糖尿病は症状が出ることがあまりないため、症状からは血糖値や体の状態が分かりません。そのため、定期的に血糖値、体重、血圧などを測定し、記録をして治療の目安にしましょう。

ブドウ糖などを準備しておく

低血糖とは、血糖値が低くなりすぎた状態のことです。糖尿尿患者さんは、糖尿病の治療薬を飲んだ後に、いつもより食事の量が少なかったり、運動の量が多かったりすると、薬のはたらきから低血糖が起きることがあります。低血糖になると、強い空腹感や冷や汗、手や指の震え、動悸などが現れ、場合によっては意識を失うこともあるため、もしものときに備えた準備や心構えが必要です。

低血糖の症状を感じた場合は、早めに糖分を取る必要があります。そのため、ブドウ糖や、糖分を含むジュースなどを常に携帯しておきましょう。また、急に意識を失ったときのために事前に周囲の人に糖尿病であることを伝えたり、適切な治療を受けたりするために、カードを身につけておくとよいでしょう。

車の運転に注意する

運転中に低血糖の発作を起こすと大きな事故につながることもあるため、運転前に血糖値を確認し、ブドウ糖を含む食品などを用意をしておきましょう。運転中に体調の異変を感じたら、落ち着いて車を停め、速やかに対処してください。

「糖尿病の予防」について詳しく見る