希望するご予約を
お選びください

×閉じる
診療科目
2023.05.24
#自費診療 #対象外来

肥満外来(医療ダイエット外来)~来院治療に加え、オンライン診療でも受診可~

医療で実現!
健康なダイエット

イーヘルスクリニック新宿院 の
メディカルダイエットは、
飲み薬・注射薬を処方しています。

イーヘルスクリニック新宿院は、世界初の経口GLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」、尿中に糖を排泄し体重管理を助けるSGLT2阻害薬「フォシーガ錠」を提供しています。

世界中で肥満症治療に広く用いられている「リベルサス錠」・「フォシーガ錠」は、医学的根拠に基づいた信頼性の高いダイエット支援薬です。

また、世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬「マンジャロ(注射薬)」も提供しています。

健康的な体重管理を目指す皆様のために、最先端の治療オプションをご提案いたします。

1ヶ月 9,800円から始められる

当院がお届けする医療ダイエット

3つのポイント

オンラインで予約、
内服薬は 自宅に配達
注射薬は来院で

最短当日到着

栄養カウンセリングもセット

今までのダイエット

こんなお悩みありませんか?

食事制限がきつい

すぐにリバウンドしてしまう

ジムに通う時間がなくて諦めた

当院のメディカルダイエットなら

激しい運動不要
無理な食事制限不要
スマホで簡単処方

少しの食事で満足
太りにくい状態へ

当院のメディカルダイエットで

生活習慣病の予防にも

あなたのダイエットを本気で応援したいから

1ヶ月 9,800円~

当院が提案する
メディカルダイエット

体重を減らすだけでなく、生活習慣の予防

ご予約

ご予約をお願いいたします

診療

予約制で、待ち時間が少ない

駅から徒歩1分

オンラインでも対面で

DMMオンラインクリニック GLP-1ダイエット
日々の服用方法

空腹時(1日の最初の飲食前)に服用してください

1錠をコップ約半分の水とともに服用してください。

服用後に飲み物を飲んだり、食事をしたり、他の

薬物治療

①  リベルサス (GLP-1受容体作動薬)

GLP-1受容体作動薬は、血糖値を下げるインスリンの分泌を促進し、胃腸の動きを調整し、食欲を抑制する薬であり、3〜6か月で5〜10kgの体重減少が期待できます。海外では肥満症の治療薬として使用されています。日本国内では、リベルサスという唯一のGLP-1経口薬が2021年2月に発売され、当院ではこれを主に使用しています。

②フォシーガ(選択的SGLT2阻害薬)

フォシーガは、食事で摂取した余分な糖分を尿として排出する作用があり、糖質制限に近い効果を期待できます。
具体的には、腎臓から吸収される糖の量を減らし、ダイエット効果や体重減少の効果が期待できます。

③マンジャロ(持続性GIP/GLP-1受容体作動薬)

マンジャロは、世界で初めて「GIP」と「GLP-1」という2つの受容体に対して作用する薬であり、血糖降下と体重減少の効果が従来の薬よりも高い可能性があります。
週に1回の投与を行い、体重減少の効果が期待できます。

◆参考ページ◆

リベルサスの詳細
フォシーガの詳細
世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬「マンジャロ®」に対する期待

◆参考文献◆

N Engl J Med. 2021 Mar 18;384(11):989-1002.
Diabetes Metab. 2020 Apr;46(2):100-109.
Lancet Diabetes Endocrinol. 2022; 10(9):634-644

肥満とは~基礎疾患~

BMIは世界的に用いられている肥満度を表す体格指数のことで、体重(kg)÷身長の2乗(m2)で計算し、BMIの数値によって肥満度を判定します。
BMI22前後は肥満と関連が大きい糖尿病や高血圧、脂質異常症にもっともかかりにくいとされています。一方、BMIが25を超えると先述の生活習慣病のリスクが2倍になるとされ、BMI30以上では積極的に治療をする必要があります。ただし、BMIは体重と身長だけで計算されたものであり、これだけでは筋肉質なのか脂肪が多いのかは判断できません。BMIが同じ場合でも、脂肪が体のどこについているかなどで健康への影響が異なるといわれています。

体脂肪による肥満のタイプは、主に2つあります。

  • 内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満):脂肪が筋肉の内側の腹腔内に多くたまった状態です。
  • 皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満):腰や太ももなど、主に下半身に皮下脂肪が多くたまっているが、内臓脂肪は少ない状態です。
    特に、内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)では、糖尿病や高血圧などを発症しやすいと言われていますので、注意が必要です。最近では、BMIが標準でも体脂肪率が高い状態が若い女性に多いといわれています。BMIだけでなく、体脂肪率なども含めて総合的に考えることが大切です。肥満は、健康に悪影響を及ぼす主な理由として以下のような点が挙げられます
    これらの健康問題は、肥満が原因で生じる可能性があります。
    1. 心臓病や脳卒中などのリスクが高まる:肥満は、心臓病や脳卒中などのリスクを増加させることがあります。これは、肥満によって高血圧や高コレステロールなどの心臓病のリスク因子が増加するためです。
    2. 糖尿病のリスクが高まる:肥満は、2型糖尿病の発症リスクを増加させます。糖尿病は、高血糖や神経障害、腎臓障害などを引き起こす可能性があります。
    3. 呼吸器疾患のリスクが高まる:肥満は、睡眠時無呼吸症候群などの呼吸器疾患のリスクを増加させます。これは、肥満によって気道が狭くなり、呼吸が困難になるためです。
    4. 関節痛や腰痛のリスクが高まる:肥満は、関節や腰に負担をかけるため、関節痛や腰痛を引き起こすことがあります。
    5. 癌のリスクが高まる:肥満は、乳がん、子宮内膜がん、大腸がんなどの発症リスクを増加させることがあります。

    肥満症の合併症には、糖尿病や高血圧、心臓病、がんなどさまざまなものがあり、時に命に関わることもあります。しかし、肥満や肥満症の場合も通常は自覚症状がないため、すぐに気付くことは難しいとされています。そのため、健康的な食事や適度な運動を継続的に行うことに加えて、必要に応じて薬物治療が必用になります。

    関連記事はこちら
    ■健康的に痩せる断食(ファスティング)ダイエット
    ■肥満と食事の関係~痩せたいときに食べるといいものとは?~
    ■肥満と行動変容~痩せたいとき注意するポイントとは?~
    ■肥満による健康障害は何なのか!!と適切なダイエット方法
    ■肥満外来での栄養指導の内容とは?
    ■睡眠不足でカロリー摂取量が上昇?~肥満と睡眠の関係~

    一般的な肥満外来(医療ダイエット外来)では、健康状態のヒアリングが不十分で、薬の処方が中心になっていることが多いのが現状です。しかし、イーヘルスクリニック新宿院の肥満外来(医療ダイエット外来)では、単に体重減量を目指すだけでなく、肥満によって引き起こされる健康問題の早期発見と治療にも重点を置いています。 当院の治療方針は”薬物療法”と”食事・栄養への介入”の2本柱で行っています。 診療は土日祝日も対応しており、24時間365日診療予約がネットから可能です。忙しい方でも受診しやすい体制を整えていますので、お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。

    記事監修:天野 方一(イーヘルスクリニック新宿院 院長)
    埼玉医科大学卒業後、都内の大学附属病院で研修を修了。東京慈恵会医科大学附属病院、足利赤十字病院、神奈川県立汐見台病院などに勤務、研鑽を積む。2016年より帝京大学大学院公衆衛生学研究科に入学し、2018年9月よりハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard T.H. Chan School of Public Health)に留学。予防医療に特化したメディカルクリニックで勤務後、2022年4月東京都新宿区に「イーヘルスクリニック新宿院」を開院。複数企業の嘱託産業医としても勤務中。
    日本腎臓学会専門医・指導医、抗加齢医学会専門医、日本医師会認定産業医、公衆衛生学修士、博士(公衆衛生学)の資格を有する。

イーヘルスクリニック新宿院の特徴は?

イーヘルスクリニック新宿院は新宿三丁目駅から徒歩1分の場所に位置しており、平日は20時まで、土日も診療を行っております。生活習慣病である高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、慢性腎臓病のほか、花粉症、男性更年期障害の検査や治療、性病検査なども承っております。

さらに、自費診療でも医療ダイエット外来(肥満外来)や幹細胞上清点滴、疲労回復点滴などの施術を行っております。
診療は土日祝日も対応しており、24時間365日診療予約がネットから可能です。忙しい方でも受診しやすい体制を整えていますので、お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。

料金一覧表

リベルサスの場合

マンジャロの場合

・メディカルダイエット(肥満外来)とは?

メディカルダイエット(肥満外来)とは、減量(ダイエット)を治療を専門に行う外来のことです。日本では肥満(BMI25以上)に伴って、健康に影響がある状態、もしくは影響が出る可能性がある状態のことを肥満症と呼び、減量治療が必要となります。しかし、単に減量しようと思っても1人ではなかなか難しく失敗するケースも少なくありません。そんなときは医療の手を借りるのも1つの方法です。

・リベルサスやフォシーガの特徴?

リベルサスは世界初のGLP-1受容体作動薬で、血糖値を下げるインスリンの分泌を促進し、胃腸の動きを調整し、食欲を抑制します。3〜6か月で5〜10kgの体重減少が期待されますが、副作用としては嘔気、便秘、低血糖、急性膵炎などが報告されています。

フォシーガは糖を尿とともに排泄し、血糖値を下げたり体内の水分量を調節したりします。摂取した余分な糖分を尿として排出するため、糖質制限に近い効果が期待されます。しかし、尿路感染(膀胱炎など)、脱水、頻尿などの副作用が報告されています。

・マンジャロの特徴?

世界で初めて「GIP」と「GLP-1」という2つの受容体に作用します。体重減少の効果が従来の薬よりも高く、週に1回の投与で済みます。ただし、5%以上の患者さんには悪心、嘔吐、下痢、便秘、腹痛、消化不良、食欲減退などの消化器症状が報告されています。

・イーヘルスクリニック新宿院の特徴は?

一般的な肥満外来(医療ダイエット外来)では、健康状態のヒアリングが不十分で、薬の処方が中心になっていることが多いのが現状です。しかし、イーヘルスクリニック新宿院の肥満外来(医療ダイエット外来)では、単に体重減量を目指すだけでなく、肥満によって引き起こされる健康問題の早期発見と治療にも重点を置いています。
当院の治療方針は”薬物療法”と”食事・栄養への介入”の2本柱で行っています。

・保険適用ですか?

自費診療となり、保険適用外になります。すでに糖尿病などの治療中の方は、りベルサスおよびフォシーガなどの処方ができない場合がございます。ご了承ください。また、それぞれの治療には副作用などのリスクがあります。受診前に必ず副作用と注意事項をご確認ください。

・診察は対面ですか?

当院のメディカルダイエット(肥満外来)は【来院】と【オンライン診療】のどちらも選択いただくことが可能です。
マンジャロ®をご希望の場合は【来院】での治療となります。ご了承ください。

・栄養カウンセリングとはなんですか?

経験豊富な管理栄養士が、食生活について改善指導を行います。肥満外来(ダイエット外来)のメニューを申し込まれた方は、初回無料でご利用いただくことが可能です。
2回目以降は下記料金となります。
・栄養カウンセリング ~15分 1,650円(税込)
・栄養カウンセリング 15分~30分まで 2,750円(税込)

注意点

* GLP-1受容体作動薬は、厚生労働省により

2型糖尿病の治療薬として承認されていますが、現時点では肥満治療目的の承認はされていませんGLP-1受容体作動は、クリニックを通じて国内医薬品販売代理店から購入することができます。国内では肥満治療の効能・効果で承認された医薬品はありませんが、美容・ダイエット目的での使用は自由診療として行われます。海外では、アメリカのFDA、EU27か国のEMA、韓国のMFDSにおいて肥満症の適応で承認されています。

*SGLT2阻害薬は、厚生労働省によって

2型糖尿病などの治療薬として承認されていますが、現在のところ、肥満治療目的での使用については国内で承認されていません。SGLT2阻害薬を処方するクリニックは、国内医薬品販売代理店を通じて薬剤を入手しています。また、国内で肥満治療に承認された医薬品は存在せず、美容やダイエット目的で使用する場合は自由診療となり、保険の適用外となります。